ハイドロキノンの化粧品種類と市販おすすめは?

ハイドロキノン配合の市販化粧品

gazou10.gif

ハイドロキノンは通常の美白成分よりもおよそ100倍もの高いパワーを持つといわれる成分。

 

その反面熱や光に弱いと言うデメリットがあり取り扱いが非常に難しく、2001年の薬事法改正に至るまでは、購入に医師の処方箋が必要だったため化粧品にもハイドロキノンが配合されたものはなく、今のように気軽に使う事が出来なかったのです。

 

2001年の薬事法改正以降は市販の化粧品に対してもハイドロキノンの配合が認められたため現在では多くの美白化粧品にハイドロキノンが使われるようになりました。

 

でも認知度としてはまだまだビタミンCやアルブチンには遠く及んでいないのが実際のところ。アメリカやヨーロッパではずっと以前から美白にはハイドロキノンと言う考えがごく一般的で化粧品はもとより医薬品として当たり前のように使われてきたことを考えるとずいぶん遅れているとさえ言えるのです。

 

ハイドロキノンの濃度は一般的に高くなるにつれて肌トラブルのリスクも高くなるため、市販されている化粧品では2パーセント程度と低濃度のものがほとんど。

 

ただシミ改善効果が最も発揮されると言われているのが5パーセント前後の濃度なのでこのような低濃度の市販化粧品では効果がなかなか出ないと言ったことも起こってしまいがち。

 

ちなみにクリニックで処方されるものでは5パーセント程度のものが一番多く、最近では市販の化粧品の中でも4パーセント、5パーセントと言った高濃度のものも販売されるようになりました。

 

即効性を期待するなら当然高濃度のハイドロキノン化粧品を選ぶのが適切ですが、ただ高濃度のモノは肌への刺激も高くなるのでリスクを避けるためにも取り扱いには十分注意するようにしてくださいね。


アンプルール ラグジュアリーホワイト




★美容成分ハイドロキノンで透明感ある明るい肌に!


★「アミノ酸-」「セラミド」で保湿力も高くモチっとした肌に!


★皮膚科の専門家が開発したスキンケア


【トライアルセット 1,890円(税込) 送料無料】

arrow

img



ビーグレン 美白トライアルセット


★効果が現れる時間を1/2に短縮!


★高い安全性で肌への負担は1/4!


★365日全額返金保証あり!


【返金保証付トライアル 1,944円(税込) 送料無料】


arrow

img



ドクターシーラボHC-119 3%・5%

ドクターシーラボHC-119 3%・5%




★美容成分ハイドロキノンを高配合!


★リフト効果のある成分が肌のハリ感をアップ!


★初めての方限定!無料サンプルあり


【3% 3,150円 5% 3,465円(税込) 送料無料】



記事一覧

クリニック・市販でハイドロキノン軟膏は一般的にクリニックなどで治療目的として使用されることが多い塗り薬。市販されているハイドロキノン化粧品などよりも配合の濃度が高いものが多いのが特徴です。皮膚科で処方されるハイドロキノン配合の外用薬としては、クリームタイプと軟膏タイプの2種類が良く見かけるのですがこの二つはいったいどこがどのように違うのでしょうか。処方される軟膏とクリームの違いまず軟膏は「油脂性基...

ハイドロキノン化粧水は美白効果の高いハイドロキノンが安全性に優れた形で配合されている化粧水。毎日スキンケアとして欠かさず使い続けるアイテムなのでとにかく安全性に優れているのが特徴。ハイドロキノンと言うとシミなどの色素沈着に絶大であることで知られているため、より高濃度に配合されているアイテムを選ぼうと考えがちですが、「高濃度であれば効果が高い」と単純に考えるのは実は間違いなのですね。ハイドロキノンは...

美白化粧品としては最高クラスのパワーを発揮してくれるアイテム。化粧水や美容液よりもハイドロキノンを高濃度に配合しやすく、また全体にも部分的にも使いやすいので幅広い使い方が出来るのですね。ただ使い方を間違えるとトラブルが多いのもハイドロキノンクリームの特徴。特に最近は4パーセントや5パーセントと言った医薬品レベルと同じ程度の濃度を持つクリームやまたそれ以上の濃度を持つクリームなども一般に販売されてい...

まず最初に私がお調べした結論をご紹介します。新安定型ハイドロキノンとは熱や光や空気に非常に弱く酸化を起こしやすいハイドロキノンを安定させて肌に負担をかけないという成分です。ハイドロキノンはシミに悩む人に支持されている成分!新安定型ハイドロキノンはそのハイドロキノンを安心して使える成分として消し化粧品や美白化粧品に配合されていたり、皮膚科で処方してもらえたりするのです。手軽に買えるシミ対策の化粧品の...

<トレチノイン療法>古い角質を剥がすピーリングの働きがあるので肌がツルツルになる。肌の新陳代謝のスピードを上げ、シミの排出を促す毛穴の開きをケアし、皮脂腺の働きを抑える真皮層のコラーゲンを増やし、しわやたるみに働きかける肌の瑞々しさを保ちすこやかな肌に導くなどトレチノインはビタミンA誘導体の一種。その働きは純粋なビタミンAと比べると約50〜100倍ほどの高く、皮膚科ではその高い抗酸化作用とピーリン...

「ハイドロキノンはパワーがすごい分、刺激が強く使うのが怖い・・」と言う声を良く聞きますが本当にそうなのでしょうか。ハイドロキノンはシミやしわの原因となるメラニン色素を作り出す酵素の働きを抑える成分。そのためシミの原因を元から断つ事が出来、今あるシミを薄くするだけでなく、これからできるかもしれないシミまでをも防ぐ事が出来るのですね。現在、ビタミンCやアルブチンをはじめとした美白成分はたくさんあります...

ハイドロキノンは一般的な美白成分に比べて非常に刺激が強いため妊娠中の使用は勧められていません。多くのメーカーでも「妊娠中の使用は控えるように」との記述がされているはずです。ではなぜ妊娠中の使用はNGなのでしょうか。ハイドロキノンは肌の漂白剤との異名を持つほど優れたパワーを持つ美白剤です。ただ熱や光、空気に弱いと言う性質で酸化を起こしやすい事でも知られていて、古くなったものを使用すると炎症や赤みと言...

ハイドロキノンは製品によって配合されている濃度が様々です。一般的にどのような成分でも「濃度が高ければ高いほど良い」と思われていますが、少なくともハイドロキノンに限ってはそうではありません。確かに濃度が低すぎてしまうとパワーも薄いですが、逆に濃度が高すぎるものでは肌への刺激が強すぎ炎症やさらには白斑と言って肌の一部の色素が抜け落ちてしまう症状を引き起こしてしまい非常に危険なのですね。白斑はメラニン色...

ハイドロキノンを使用することでかゆみや赤み、炎症と言ったトラブルが比較的良く起こると言われています。また100人に一人程度の割合でハイドロキノンに対してアレルギー反応を起こす方もいるので使用には十分注意しなければなりません。そのためもともとアレルギー体質の方はハイドロキノンの使用は絶対に控えてください。アレルギーかどうかの見分け方はパッチテストを行うのが一番安全で効果的。特に敏感肌の方などはいきな...

ハイドロキノンは女性だけのものではありません。もちろん男性が使ってもOK。女性はもともとスキンケアの意識が高く、紫外線対策やUVケアを当然のように行っている方がほとんどなのですが男性はスキンケア意識が低く、年齢を重ねるにつれてシミやしわなどの紫外線によるトラブルが顕著に表れやすいのですね。紫外線によってできたシミやしわなどの肌トラブルは印象を実年齢よりも老けさせてしまうので男性もシミ・しわ対策が大...

第1位 アンプルール ラグジュアリーホワイトシリーズメイク落としから美容クリームに至るまですべてのアイテムに「新安定型ハイドロキノン」を配合した美白シリーズ。新安定型ハイドロキノンを化粧品に配合したのはアンプルールが初めてでその安全性と美白力は口コミでも大絶賛。また分子量の小さな浸透型のコラーゲンがたっぷりと配合されているので肌の奥深くからお肌がうるおい美白だけでなく保湿もしっかり行ってくれるので...

アンプルールのラグジュアリーホワイトはこんな人にオススメ◆アンプルール シミ・くすみ・美白セット美白だけでなくうるおい・美肌もほしい。毎日使い続けられる美白コスメがいい。敏感肌である、または他の美白化粧品を使って肌荒れ・乾燥をしたことがある。スキンケアには癒し効果も大切、香りやテクスチャーなど美白だけでなく使い心地も良いものがいい。できるだけ刺激の少ないものを使いたい。などアンプルールの口コミ紹介...

◆ビーグレン シミ・くすみ・美白セット頑固なシミがある色々な美白化粧品を使ったがどれも思ったような効果が得られない。肌にクスミがあるとにかくシミに効く化粧品がほしいシミを作りたくないなどビーグレンの口コミ紹介" alt=""/>刺激もなくシミにもよかったです ハイドロキノン配合と言う言葉に惹かれ購入しました。ローションと美容液とクリームと言うシンプルなセットなのですが、美容液が肌につけた瞬間熱くな...

ドクターシーラボのハイドロキノンクリームはこんな方にオススメ美白化粧品ではなくシミ取りクリームがほしい。レーザー治療を受けようか迷っている肌のクスミがひどい朝起きた時の顔色がさえない確実に効果が得られる美白クリームがほしい。安価で使い続けやすいハイドロキノンを探しているクリニックと同じレベルのシミケアをしたいなど★ドクターシーラボ HC-119 3%の特徴ドクターシーラボ HC-119 3%は肌の...