ハイドロキノン化粧品を使う前の基礎知識

記事一覧

使用方法・特性をしっかり知ろう!ハイドロキノンはシミ改善に効果が高いと言う反面、酸化しやすく変色したり分解したりと非常に安定しにくいと言う性質を持っています。そのため取り扱いには十分注意する必要があり、ハイドロキノンの特性をしっかりと理解したうえで使用しなければならないのですね。早めに使い切る・保管場所にも注意一般的に市販されているハイドロキノン化粧品には安定化された成分が使用されることがほとんど...

ここではハイドロキノン化粧品を実際に使っている方の声、感想を集めてみました。ハイドロキノンの効果って本当にすごいですよ。" alt="" />ハイドロキノンと言う言葉に惹かれてビーグレンのトライアルを購入して使ってみました。頬のトコロに大きなシミが一つあってすごく目立っていたのですがトライアルの2週間でほんの薄くなっているような感じがあったので思い切って現品も購入!!お値段が高かったので正直悩みま...

ハイドロキノン配合の化粧品はとにかく即効性が一番の特徴。どんなに頑固なシミも使い続けることで確実に薄くなっていきます。ただ効果が高い分、取扱には注意が必要。ハイドロキノンは濃度が高すぎると赤くなったり炎症を起こしたりと言ったトラブルが起きやすくなるので4パーセント前後の配合率のものを選ぶことが大切なのですね。シミのない素肌を手に入れるためにはシミ改善の効果だけでなく、使用感や安全性にも着目するよう...

酸化によって刺激にハイドロキノンにはかゆみやかぶれと言った副作用が起こることがあります。これはハイドロキノンの酸化による刺激で、ほかにもチクチクとした刺激やヒリヒリ感などを感じることもあるのですね。また高濃度のハイドロキノン化粧品を使うことでも副作用は起こりやすくなるので注意が必要です。ではなぜハイドロキノンはこのような副作用が起こってしまうのでしょうか?ハイドロキノンは熱や光に弱く酸化しやすいと...

できてしまったシミに出来てしまったシミを消すにはハイドロキノンが最も効果的。日本ではまだそれほどの知名度はありませんが、アメリカやヨーロッパでは早くから注目を集め、シミやしわなどの治療薬として一般的に使われている成分なのですね。従来からある一般的な美白成分としてはビタミンCやアルブチン、トラネキサム酸などが有名ですが実はこれらは「これからできるシミを予防」することは出来ても、「今あるシミを消す」こ...

そもそもそばかすとはそばかすは細かな茶色の斑点で年齢に関係なく、小さな子どもでは4歳から5歳の子にも表れる事があります。またそばかすは肌の色が白い人に多くあらわれるため、日本人よりも西洋の方に多く見られるのが特徴なのですね。これはそばかすの原因が遺伝と大きく関係しているからでもあり、そのためすべての人に出来るわけではありません。またストレスを強く受けることでもそばかすができやすくなると言うことから...

ニキビ跡で悩んでいる方にもニキビ跡とはニキビが治った後に残る赤みやシミのような色素沈着、さらには肌表面が凸凹としたクレーターのようになってしまう状態のことを言います。実はニキビ跡はニキビそのものよりも厄介なもので下手をすると生涯にわたって肌に残ってしまうこともあるのですね。普通、ニキビが出来てもそれほどひどい跡が残るわけではありません。ニキビ跡が残るのは指で無理やりつぶしたり、傷口から雑菌が入り炎...

肝斑(かんぱん)って?肝斑は頬骨のあたりやおでこ、さらには口の周りに現れるモヤモヤ〜とした形状のシミのことを言います。ただ、一般的なシミが点々とはっきり形があるのに対して、肝斑は「点」と言うよりは「面」と表現できるくらいに輪郭がなく、ぱっと見た感じでは褐色の面が広範囲に広がっていると言う感じなのですね。厳密にシミなのか肝斑なのかを判断するには皮膚科などで診察を受けるのが一番早いのですが、医学的には...

色々な色素沈着色素沈着は思わぬところで起こります。例えば蚊に刺された跡、やけどの跡、怪我した後、ニキビの跡・・簡単に治ると思っていたのに気が付けば年々色素沈着が濃くなってきたと言う人も少なくないでしょう。このようにやけどや虫刺され跡がだんだんと色濃くなっていくのは「炎症性色素沈着」と言われるシミの一種。炎症が長く続くことでメラニン色素が大量に肌に蓄積してできるため、炎症の期間が長ければ長いほど色素...

素晴らしい成分だけどもろ刃の刃ハイドロキノンは肌の漂白剤と言われるほどの効果の高い成分。その分間違った使い方をすると肌への刺激が大きく炎症を起こすことにもつながり、また成分自体も非常に不安定な性質を持っているので取り扱いにも十分注意しないといけないのですね。基本的にハイドロキノンの使用は多くても一日2回まで。それもできれば夜間のみの使用が良いとされています。そもそもハイドロキノンはメラニン色素が出...

アトピーで炎症を繰り返して色素沈着にアトピーでは皮膚に色素が沈着することが良くあります。実はこのアトピーによる色素沈着で悩まれている方は意外と多いのですね。本来、皮膚が黒くなるメカニズムは肌の新陳代謝がうまく働かず、本当なら垢となって剥がれ落ちるはずの古い角質がいつまでも肌に留まり積み重なってしまうため。アトピーの場合は慢性的に肌が炎症を繰り返している状態ですから基本的に新陳代謝は乱れがちで、結果...